交通事故の慰謝料の請求は、弁護士に依頼しましょう

交通事故1

事故の被害に遭った人が受けた肉体的、精神的苦痛に対して支払われるのが交通事故の慰謝料です。交通事故の慰謝料には決められた相場がありません。

それなので、事故の相手側との話し合いはこじれやすく、慰謝料が支払われるまでに時間を要してしまう事例が多く見られます。慰謝料についての話し合いの場では、相手側の自動車保険会社の人間が慰謝料を提示してきます。

その場合、大抵は一般的な相場とされる金額よりも低めの金額を提示してくることだと思います。保険会社のほうも慈善事業として保険業を営んでいるわけではないので、これは止むを得ないことです。

そこで相手側の言い分をそのまま鵜呑みにする必要はないのです。自分の受けた精神的、肉体的な苦痛に対する慰謝料を求めるのは被害者側なのです。

しかし、いくら被害者であるからといって、あまりにも常識の範囲から逸脱した金額は請求したところで認められることはありません。

妥当な金額の慰謝料を受け取るには、弁護士に依頼をした方が話が早く進めることができます。

(交通事故に関する悩みは弁護士依頼で解決を)

参照>>弁護士法人アディーレ法律事務所